目立つ銀歯を解消しましょう

お口のなかで目立っている銀色の詰め物・被せ物、気になりませんか? 虫歯治療を保険適用で行うと詰め物・被せ物に使用される素材が限定され、ほとんどのケースにおいて金銀パラジウム合金(一般的に銀歯と呼ばれる)が使われます。しかし、この銀歯は見た目が悪く、とても目立ちます。

歯の治療後の詰め物・被せ物の見た目が気になるなら、審美歯科治療をオススメします。審美歯科では、銀歯を白く美しいセラミックに交換する治療を行っており、透明感のある美しい歯に仕上げることができます。

銀歯とセラミックの違い

  金銀パラジウム合金(銀歯) セラミック
見た目 金銀パラジウム合金(銀歯) セラミック
特徴 白い歯列のなかで銀色はとても目立ちます。 透明感のある白い素材で、周囲の歯の色調に合わせることができるのでとても自然です。
耐久性 経年劣化しやすい素材。口のなかの水分と反応してイオン化し、金属アレルギーの原因となったり、歯ぐきへの着色が起こったりする場合があります。寿命は数年になります。 経年による劣化がほとんどなく耐久性に優れています。きちんとメインテナンスすれば、末長く使用できます。また、金属不使用なので、金属アレルギーの心配はありません。
周囲への影響 天然歯よりも硬いため、咬み合う歯を傷付けたり摩耗させたりといったトラブルが考えられます。 硬さは天然歯とほぼ同じであるため、咬み合う歯を傷付けることがありません。

重要なのは、土台となる芯(コア)

重度の虫歯を治療した場合、被せ物を装着する際に歯の土台となる芯(コア)を入れる必要があります。芯(コア)は、家作りで言う地盤の部分。強固な地盤でないと地震などの揺れで家がすぐに崩れてしまうように、歯の土台となる芯(コア)がしっかりしていないと、どんなに上質な被せ物を付けてもすぐにダメになってしまうのです。

当院では、長年にわたって維持できる歯を実現するために、芯(コア)を入れる処置も時間をかけて丁寧に行っています。しっかり咬めてグラつくことのない丈夫な土台作りで、上質な被せ物が長きにわたって快適に使えるようにサポートします。

鳥羽歯科医院の審美歯科治療

歯にぴったり合う被せ物を作製

歯にぴったり合う被せ物を作製

せっかくセラミックの被せ物に交換しても、ぴったりと歯に合うものでないと、歯と被せ物の境目に汚れがたまりやすくなり、虫歯の再発リスクが高くなります。

当院では、高度な技術を持ち信頼できる歯科技工士と連携し、患者様にぴったり合う被せ物を作製しています。一度でぴったりとお口に合う質の高い歯科技工物なら、末長く快適にお使いいただけます。

取り扱い素材・治療法紹介

金銀パラジウム合金(銀歯)

保険

金銀パラジウム合金(銀歯)

すべて金属でできた素材
メリット
  • 金属なので強度が強く、強い力がかかる部位にでも使用できる
  • 保険適用のため価格が安い
デメリット
  • 見た目が目立つ
  • 金属アレルギーを起こす可能性がある
  • 金属が溶け、歯ぐきの色が黒ずむ
審美性 ★☆☆☆☆ 耐久性 ★★★☆☆

硬質レジン前装冠

保険

硬質レジン前装冠

外から見える部分のみ歯科用プラスチックを貼りつけた素材
メリット
  • 歯の色に近い白い材料のため、見た目がいい
  • 中は金属を使用しているので強度がある
  • 保険適用のため価格が安い
デメリット
  • 時間が経つと変色する
  • 金属アレルギーを起こす可能性がある
  • 裏側から金属が見える
審美性 ★★☆☆☆ 耐久性 ★★★☆☆

硬質レジン

保険

硬質レジン

歯科用プラスチックでできた素材
メリット
  • 白いので目立ちにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 保険適用のため価格が安い
デメリット
  • 時間が経つと変色する
  • 強度があまり強くない
  • 汚れがつきやすい
審美性 ★★☆☆☆ 耐久性 ★★☆☆☆

フルジルコニア

自費

フルジルコニア1

フルジルコニア2

すべてが人工ダイヤモンドにも用いられるジルコニアでできた素材です。生態親和性が高く安全で、強度があり、見た目にも優れている点が特徴です。
メリット
  • 天然歯のような透明感のある白さ
  • 金属を未使用のため金属アレルギーの心配がない
  • 土台を必要としないため歯を削る量が少ない
  • 割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
デメリット
  • カラーバリエーションがオールセラミックに劣る
  • 保険適用外のため値段が高い
  • 天然歯より硬く、周囲の歯を傷めることがある
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★

オールセラミック

自費

すべてセラミックでできた素材
メリット
  • 自然な透明感と白さが再現できる
  • 経年による変色がない
  • プラークが付きにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 比較的壊れやすい
  • 天然歯よりやや硬いため、咬み合う歯に負担がかかる
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆

ハイブリッドセラミック

自費

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけあわせた素材
メリット
  • 自然な白さが再現できる
  • 咬み合う歯を傷めることがない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 審美性はオールセラミックにやや劣る
  • 経年によって変色することがある
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★☆

AGC

自費

AGC

セラミックの内側が体に優しい純金の被せ物
メリット
  • 色の再現性に優れている
  • 精度が高く適合性が良い
  • 歯ぐきが黒くならない
デメリット
  • メタルボンドほど強度はない
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★☆

メタルボンド

自費

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた素材
メリット
  • 強度が高い
  • 周囲の歯の色調に合わせて色を調節できる
デメリット
  • 透明感は再現できない
  • 金属アレルギーのリスクがある
審美性 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★★★

ラミネートベニア

自費

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、付け爪のような薄いセラミックの板を貼り付ける方法。色調を変えられる他、軽度の歯並びや咬み合わせを整えることもできる
メリット
  • 白い歯を手に入れられる
  • 軽度の歯並びや咬み合わせを短期間で整えることができる
デメリット
  • 歯の表面を削らなければいけない
  • 前歯にしか適用できない
  • 比較的強度が落ちる
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆

ファイバーコア

自費

ファイバーコア

グラスファイバー製の芯(コア)
メリット
  • 従来の金属製とは違って光透過性があるので、とても自然で美しい仕上がりになる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 弾性があり、歯根を傷めない
デメリット
  • 歯の状態によっては適用できないところがある
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★

群馬県桐生市の歯医者「鳥羽歯科医院」では、健やかで美しい口元を作るためのご提案をしています。「銀歯をなんとかしたい」「キレイな口元にしたい」という方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

審美歯科に関するご相談はお気軽にどうぞ

  • TOP